+ 返信 +

■返信はすべてお名前明記させていただきます。
■短いコメントや返答しようのないコメントには、お礼のみとさせていただきます。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

2016/05/18
■そめいFさん
ディアスと同じこと言っちゃダメですよ〜。
明らかにアムは「針の雨」を唱えることを嫌がっているのに、無理やりやらせて、「よくやった」だなんて〜(T_T)
その場にいたら、ディアス、殴ってやりたい…(苦笑)


2016/05/07
■無記名で投稿された方
どうして「お名前必須」と明記しているのに、無記名で投稿されるのでしょうか…。
適当なHNすらこちらに教えたくないというのならば、無理にコメントをお伝えいただく必要はありません。
敢えて、こちらが望まないことをされるということは、当方への嫌がらせの意図がおありと考えてしまいます。

コメントはありがたく思いますが、無記名のコメントは不要です。
何かを思われたとしても、名前を何も告げたくない、というのであれば、ご自分の胸にしまっておいてください。

■Fさん
コメントありがとうございました。


2016/05/06
■冬城さなさん
コメントありがとうございます。

手書き文字については、読みにくくてスミマセン(^^;
とりあえず、今後更新する原稿については、意識的に大きく書いていくつもりですが、過去の原稿については、画像サイズの改善をする余裕がないので、申し訳ありませんが、現状のままでご勘弁ください。

当初より、Web向けというより、本にするつもりで描いているので、手書き文字をWeb上で読むことを意識していなかったのです…(^^;
読めなくてもストーリー上の支障はないので、気にするな…と言っても気になるかもしれませんが、お許しください。

ちなみに11話の27ページは
「そいつを捕まえろ!」
28ページは
「捕まえた子供はどうしますか」
「おそらく何も訊き出せないだろうが…」
です。

>モチベーション
私生活がバタバタになると、やっぱり下がります。
落ち込んでいる時や他に気にかかることがある時は、漫画は描けないです。
あとは、描きたくないものがてんこ盛りの時とか。(モブとかモブとかモブとか(笑))

>URL
あ、もしかして私、サイトにリンクさせていただくことの許可をもらわなかったでしたっけ!?(汗)
もし、そうでしたら、勝手にリンクをしてスミマセンでした。
サイトTOPのURLは、内部ページのURLがわかっていたら大体想像できてしまうので、苦労なくわかりました(^^;
でも、そういう調べ方をお嫌いな方もいらっしゃるので、気にされていたらスミマセン。


2016/03/27
■dark currant さん
コメントありがとうございます。
2000年というと、もうほぼサイト開設当初の頃からですね。
長い間お付き合いいただきありがとうございます。

大人の鑑賞に耐えうる作品だなんて、照れます…;;。
単にもう、そういう年齢の人間が描いているからなんでしょうが…(汗)
絵柄としては「古臭くて下手くそ」ととしか思われてないでしょうし、もっと絵の上手な方に描いていただければ、シナリオ的には若い方にも受け入れられる作品になるのかもしれないな〜とか、自虐的にも思いつつつらつらと描いております(笑)

「黄金色の旋律」はもともと、1話だけの短編作品だったので、私もこういう終わり方をするとは思ってもいませんでした。
ラストは一応、救いがある終わりなので、ハッピーエンドと思っているのですが、結局、皆、バラバラになってしまうので、もの寂しいドライなラストかもしれませんね。

dark currantさんがお書きの小説も剣士が主人公なんですね。機会があったら、拝読させていただきたいです。

こがメロとレフ・グラで関連しているのは、
・伝説の魔人と魔王の物語
・ミルファー
・ナスル(ダン)
の3点です。ナスルはまぁ、オマケみたいなもので(笑)、ストーリーとしては関係ないのですが、「魔人と魔王」は肝になっています。
(もちろん、どちらの話も単独で読んでも面白く思っていただける作りにはしているので、関連に気づかなくても大丈夫なんですが)

カメ更新ですが、ぼちぼちと頑張っていくので、今後ともお付き合いいただけたら嬉しいです。


2016/03/06
■つがさん
きゃ〜vv
ありがとうございます!
早速飾らせていただきましたvv
うふふ。ご褒美もらえた〜。嬉しいですvv

ネーム終わって、下描きに入ったですよ( ̄ー ̄)v
つがさんも頑張りましょう〜(笑・うそ嘘。無理はいけません)


■さきさん
最後までお読みいただきありがとうございます。
優しい、というコメントは初めていただきました。
なんか、ものすごく嬉しいです。ありがとうございます(^^)
レフ・グラも頑張って完結目指しますので、今後ともお付き合いいただければ嬉しいです。


2016/03/02
■そめいFさん
そうなんですよ〜。実は私も、14話を描き始めてから知った事実…(笑)
キャラクターデザインをしている時には知らなかったというのに、目の色をリュヌと同じ金色に設定したのは、偶然という奇跡でしたよ。


2016/03/01
■冬城さな さん
冬城さんには色々とお気遣いいただき、ありがとうございました(^^)
Twitterの方は気づかなくてスミマセン;;
更新案内以外、使っていなくて…。ありがとうございました。

14年と言っても、レフ・グラのようにコンスタントに描いていたわけではないので、実質的にはもうちょっと短いですが;;
こんなチンタラ更新していた作品を、最後までお付き合いいただき、本当に感謝しています。

明かされていない謎…は、一応ないはずです(^^;
ナスルとミルファーが、レフ・グラにも関わるキャラになってしまったので、謎があると言えばあるのかもしれないですが、「黄金色の旋律」という作品だけで考えると、謎はないです(^^)
(こちらの力不足で、描いてあることが理解できないという部分はあるかもしれないですが…;;)

400年沈黙を守らせたのは、確実にサンとナスルにメッセージを伝えたかったから…かな?
私の個人的な想像では、この400年間、この時のために、ミルファーが彼らを陰に日向に守ってたんだろうな〜とか思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


■たふあ さん
最初から…ということは、十数年間、お付き合いいただきありがとうございました。
何とか1作は終わらせることができ、ホッとしております。
これからは「レフ・グラ」を完結させるために頑張ります。
お読みいただきありがとうございました。


2016/02/29
■Yさん
コメントありがとうございました。

■そめいFさん
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
特に、そめいFさんには、頻繁にコメントをいただいて、執筆の励みになりました(^^)

>かわいこちゃんたち
アイとカンは、子供の年齢なので対象外でしょうし、鬱陶しくてかなわないと思ってるでしょうけど(笑)
ナスルが十三壁にいるのは、この「こがメロ」の終わり方ゆえに、なんですよv
(ヒントはアイの本名です)

>バルバロス
そう言われるとそうですね…(^^;
ゲルトハイムは伝説の魔王と魔人を超えることを目指しているので、だからこそバルバロスを召喚したのかもしれません。

■Nさん
コメントありがとうございました。


2016/02/28
■Tさん
コメントありがとうございました。

■tさん
コメントありがとうございました。


2016/02/05
■そめいF さん
人形というより、剥製だったんじゃないかな〜と思います。だとしたら、本物そっくりでもおかしくないと思うし。


- Topics Board -