+ 返信 +

■返信はすべてお名前明記させていただきます。
■短いコメントや返答しようのないコメントには、お礼のみとさせていただきます。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

2018/02/17
■豆鳥さん
重ねがさね、ご心配いただき恐縮です…(ーー;

目の方は、結果から言うと、要観察状態とのこと。
網膜が薄くなっているところがあるので、これが進むと網膜裂傷(だったかな?)に進む可能性があるということで、これから経過観察していくことになりました。

むーん。とありあえず、目の使いすぎに注意しようかな〜と(^^;
あとは、メガネを買わないと〜。最近、車の運転時がヤバくなってきたので。
あと老眼鏡も観念して(笑)買おうかな。


2018/02/13
■豆鳥さん
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますv
そうです。ナスル(ダン)と言えば、血ですよね〜。
着々と準備中です(笑)

手術は、昨日、無事に終わりました。
開業医のお医者さんで、普通に手術できるんだとびっくり。
日帰りでその日のお風呂OK。
摘出した腫瘍の病理検査で、確実に良性だったら、通院の必要もないんだそうです。
(多分、腫瘍の症状にもよるんでしょうが)

思ったよりもあっさりと終わって、よかったな〜というのと、そういうものなんだ〜という驚きの気持ちです。


2018/01/12
■miaさん
アルスラーン、ホント、あの主人公には納得がいかないですよね。
あの主人公は、単に、ナルサスが傀儡にするのにちょうどよかったから、としか思えないです。長所が「素直」しかないというか(笑)
うちの作品もお読みいただきありがとうございます。
うう、今回の話の決着のつけ方が、読者の方に石を投げられないか不安です…。とりあえず、14話完結に向けて頑張ります。


2017/12/26
■そめいFさん
そういえば今まで正面から戦ったモブ以外の相手というと、ガーンとメイトくらいですね。
実力拮抗の相手としては初めてかも。
確かに、ディアスを手玉に取っている相手もダンが初めてですね〜。
はてさて、ディアスは勝てるかな?


2017/12/09
■そめいFさん
過去にディアスとヴァンがつばぜり合い(になるのか?)してたシーンはありましたけどね。
アムがディアスに魔法ぶつけたとか(笑)
対戦そのものはないですね。
ディアスvsダンの行方、うーん、読者の方に石を投げられないといいなぁとは思っています(^^;
頑張ります。


2017/12/06
■そめいFさん
ようやく再開できました!
また半年くらいかけておっちら更新していきますので、お付き合いよろしくお願いします。


2017/10/20
■dark currantさん
コメントありがとうございます。

長らく…(苦笑)
更新速度が、半年に30ページなので、半年、1年おきにご覧いただく方には、そんな感じにとらえられてしまいますか;;

マントについては、ぶっちゃけ、体が隠せるので描くのが楽な時も多いんですよね(笑)
ただ、戦闘で見せ場が必要なときには、ここにマントがあると、剣が隠れて見えないとか、足運びが伝わらないとか、色々と不具合が…(^^;
今回はランディのポンチョも邪魔になってたりします。でも、逃亡中ということを考えると、小屋で脱がすわけには行かなくて…。

>創作ファンタジーリンク
ご利用ありがとうございました。今は、投稿サイトの方が人気みたいで、検索オンリーというのは需要が低いのか、利用者がどんどん減っていますね。
ネット黎明期は、お金になるとか関係なしに、純粋に作品を観てもらいたくてという思いでサイト運営している方が多かったですが、今は、あわよくば有料で観てもらえる、プロへの道筋になる、という風に、ネットで作品を公開する意識が変わってきているかただと思います。
素人の運営する検索のみのサイトでは、そういう方々の望みは叶えられないですし…。
有料でサーバー確保していたのですが、色々と面倒になってしまったので、サーバー契約が切れる今月末で閉鎖することにしました。
今までご利用ありがとうございました。


2017/08/01
■つがさん
コメントありがとうございました。(^^)


2017/07/12
■そめいFさん
頑張って次の原稿を準備したいですが、いきなり戦闘シーンなのでネームが進みません〜(--;;
なるべく早くUPできるように頑張ります!


2017/07/07
■冬城さなさん
コメントありがとうございます(^^)

マックスって、本当に根っからの先生ですよね。
厳しさの中に優しさがあるけれど、誤解されることも多そうです。

おお! 魔道士の正体、わかってもらえているようで安心しました。
まったく伝わらないというのも、こちらの技術不足だと落ち込むので;;

今回は、実のところ、これ以上の混戦にはなりません。
なので、全キャラが戦闘になるのは、作品としての最終局面になりそうです。


- Topics Board -